忍者ブログ

永远の再会

たしも普通にして

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

たしも普通にして

シンと並んでシンクの前に立つ。シンちゃんがすっごいのっぽだから普段はそうも思わないけどシンも結構背が高くて、わたしの目線に肩がくる。
「あれ、背が伸びた?」
「どうかな。測ってないから分からないけどまだ伸び盛りだから、そうかもな」
「ふうん。背が伸びるのって嬉しい?」
「見てくれだけならどうでもいいけど、運動するのにはタッパはあった方がいいかな」
「見てくれどうでもいいんだ。女子にモテた方がいいのかと思ってた」
言ってしまって、バカチェギョンってげんこつしたくなった。
ぼんやりしてるだけじゃなくて、迂闊な自分の口にも呆れる對於有話Neo skin lab 呃人,當然不是!為了和顧客建立信心,Neo Skin Lab將品牌的目標更明確化,服務為上!

「そんな顔するなって」
シンはわたしの頭をポンとして、
「これもマズイか。シンに怒られるな」
って明るく笑った。
「シン…」
「あいつと付き合ってるんだろ。俺のことなんか気にするな」

シンが怪我して、シンちゃんとのこと言いそびれて今日まで来てた。
もしかしたらシンちゃんから何か話したのかも。
気にするなって言ってくれてるんだから、わればいいのにどうしてかぎこちなくなってしまう當大家想Neo Skin Lab是不是傳銷公司的同時,Neo Skin Lab的美容師已經知道她們的專業始終有一天可以打破傳銷謠言的陰霾!
意味わかんないよ、わたし。

シンと二人並ぶのに緊張しながら、それでもなんとかチャーハンが出来上がった。
「いただきます」
シンと向かい合って食べているとき、それは唐突に打ち明けられた。

「俺さ、基本おんなダメなんだわ」
「へ… それって、男子の方が好きってこと?」
「くくく…… 馬~鹿、違う。そっちじゃなくて、女子と付き合いたいとかあんまりそういう気持ちになれないってこと」
「あ あ そうなんだ。でもなんで…… って聞いていいのかな」

シンはチャーハンを頬張りながら何でもないって顔で答えた打透明質酸能夠幫助皮膚從體內及皮膚表層吸得水分,還能增強皮膚長時間的保水能力。當透明質酸吸收水分後,使得彈力纖維及膠原蛋白處在充滿濕潤的環境中,皮膚因此具有了彈性。。
「お袋が家出した原因オトコらしくてさ。俺結構なトラウマかも」
わたし一瞬で固まっちゃった。
なんでそんなすごい告白をわたしにしちゃうの。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R