忍者ブログ

永远の再会

事態把握と反省は

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

事態把握と反省は

視界が眩み、喉は焼けたように痛む。慣れない過重労働を強いられた我が肉体は、その苛辣な任から開放されてもなお悲鳴を上げるのをやめそうになかった。立っているのもしんどかったので、早急にその場にへたり込んで回復に努めかったのだが―――その前に確かめねばならぬ事がある。
 俺は後方を振り返り、今しがた走り抜けてきた参道の様子を伺った。
 綺麗に敷き詰められた石畳の道、その脇に等間隔で建立されている朱で塗られた灯籠、周りは手入れの行き届いた木々が生い茂っているだけ。別段怪しげなものなど居ない、よくある神社の境内そのものであった。
 ここで漸く俺は「はあ」と安堵の息を深く吐き出すと、拝殿の前にあった段差の所に倒れ込むように腰を下ろすのだった。
 暫し肉体の回復に努める。幸い木々に囲まれた境内は街中に比べ涼しく、時折吹く冷たい風は火照った体を冷やすのにちょうど良い。
 さてカロリー消費で上昇した体温が平常値に戻るまでには、今暫く時間がかかりそうである。今のうちに俺の身に降り掛かった災難について、ここでおさらいするとしよう。今後、似たような過ちを繰り返さない為にも、大事であるからな。
 そんなわけで俺は幹の間から差す木洩れ日を静かに浴びながら、落胆の溜息を漏らして事の経緯を振り返る事にしたDerma 21 黑店
 いったい何故こうなったのか? と―――――

  危機感は急上昇、恐怖も一気に込み上げる。
 さらにそんな俺に追い打ちをかけるように、靄の絡みついた左腕にはジンジンと冷たくも熱いという体験したことのない不気味な感覚が広がっていく始末。腰を抜かしそうになるのを必死に抑えるので精一杯だった。
 程なくして一つ目妖怪は音もなく視聴覚室の床に舞い降りたかと思うと、じわりじわりと綱のように伸びていた靄を引き寄せ始める。それは俺の力では抗いようのない圧倒的な力強さだった。引きずられるようにして俺の意志とは無関係にその距離が縮まっていくDerma 21 試做
 宛ら釣り針に喰いついてしまった魚状態。不用心に近づいた己の浅はかさと無力さが恨めしかった。まさかこんな形で釣り人に捕獲される魚の気持ちが解るとは思わなかったぜ。
 釣られた魚に妙にシンパシーを感じながら、いよいよ脳裏をちらつき始める観念の二文字。いっそ致命的な結果を迎える前に、明るい学園生活を諦め〝イタい奴?のレッテルを張られる覚悟で大声を上げようかとも考えた。
 しかしながら、それより先に窮鼠猫を噛むではないが追い詰められた俺の必死のあがきが功を奏し、幸運にもその難は逃れる事となる。
 どうにかしようと自由の利く右手を振り回したり、目一杯伸ばしたりしたところ、偶然にも開きっぱなしであった視聴覚室入り口の引き戸に手が掛かったのだDerma 21 試做
 俺はここぞとばかりにその引き戸を思い切り閉めてやった。安作りのなんちゃってとはいえ一応防音対策が施された引き戸、通常より重厚である。それが見た目通りの重く沈んだ音を奏でて俺のいる廊下と妖怪のいる室内を隔絶するように勢いよく閉まったのだ。この衝撃には流石の一つ目妖怪も堪えたらしく、絡みついていた黒い靄がスルリと左腕から零れていった。
 かくして再び自由を手に入れた俺は、捕獲寸前に釣り針から逃れ大海原へとダイブした魚の如く、一目散にその場から逃げ出したのだった―――――
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R